<< アンバサダーの『読書余論(ほん...     組曲『或る茶の間の風景』より ... >>