<< 提琴奏者 西田博先生讃     不具大変―アンバサダー負傷実録― >>